Bright Lights
about a rockstar who was a...

<< December 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- : - : - : posted by スポンサードリンク
外野から猫騙_03
涼ちゃんお休み寂しいなっ。
あのポジションと存在感は、
一見奔放なバンドカラーをぎゅっと引き締めてる
結構重要なアキレス腱な気がするもの。
(単に黒いから引き締め効果なわけじゃないよ(笑))
でもまぁね、フレキシブルなバンドであってほしいと思うので、
「また気が向いたら帰ってくるわー」ってなノリでやってほしいなと思う。
誰か抜けても活動できて、
スパンが空いても戻ってこれる、みたいな場所って、
それだけ可能性も無限だと思うから。
縛られず自由な場所であってほしいな。

そうそうBillyくんと誕生日近い!!ってことに
今更気付いて自慢(笑)←誰に。
あれ?小○よ○おと同じ???
猫騙 : comments(3) : trackbacks(0) : posted by M
外野から猫騙_02
またも久々です。
もう、ブログタイトルを↑にした方が良いのではってくらい、
すっかり外野で見守ってをります…世捨て人のよーだ。
FABも結局行けてないじゃん!(爆)
ツアーも大方「行ってらっしゃい」と見送るばかりです。
お誕生日もやり過ごしてしまって、ごめんね上杉さん!!
でも心の中ではおめでとうって思ってたから!!(笑)

余談ですが携帯の辞書単語登録を久々に開いたら、
「猫騙」という言葉だけが登録されてて笑いました。バカだなー私。
で、新しく登録したのは「蜥蜴」です。(笑)おどろおどろしい。

さてと。
「世界の果てに」が聴きたいけれどこのPCにはiTUNE載せてないので、
ちょっとお預けです。
(日本語のタイトルが示すうたの根底を思うとき、
上杉昇はどうしてこうも孤高の宿命を背負うのかと思わずにはいられない。)

猫騙が上杉昇にとって、起爆剤であると同時に安らぎでもありますように。
…なんて薄っぺらい例えかな。失礼を承知で。

上杉昇の描く、静寂の水面から生まれるような世界が好きだ。
片や、猫騙は対極であると思う。何が起こるか分からないライヴな存在。
メンバーだけではなくて、オーディエンスも含めて、一秒一秒の昂奮が構築する世界観。
エネルギーは常に外に向かって解放されていると思う。
その感覚こそ猫騙の正体ではないかと思う。
そしてその計り知れないパワーの行く先を見たいと思う。

というわけで外野で静観が暫らく続きますけど。
ライブに参戦される皆様、私の分まで応援よろしくー!!





猫騙 : comments(2) : trackbacks(0) : posted by M
外野から猫騙_01
あれよあれよと4/11と4/28が過ぎました。
あれあれ??
K4の方が盛り上がったっぽい?
なんか相変らず毎回色々とネタ仕込んできてるっぽい感想を散見してをります。
いいなー楽しそうだなー行きたくなるじゃんか。

アルバム楽しみにしてます。。
でもな、あの人たちの魅力って、やっぱライヴなんだよな。
だって超ヴィジュアル系だもの!(笑)
猫騙 : comments(2) : trackbacks(0) : posted by M
春の猫
放置プレイもいいとこです。ほんとごめんなさい。。
去年のレポも結局書けてないし(爆)

さあて、猫は冬眠なんてしてないよってことで、
春に向けてアクセル踏んでる猫騙さん。
新情報が届くたびに、微笑ましくなります。
なによりもFABのイベントは企画だからね。ゲストじゃないから。
どんなになるかなー。
軽いノリでイベントやっちゃう猫のフットワークの軽さが嬉しい。
へヴィな上杉昇も好きだけど(^^)
まずは4月の第一弾。行かれる方は楽しんできてくださいね。
&レポ待ってマス。
FABなら場所的に行きやすくて好きー!と発言しておきながら、
3回やってくださるのでいい気になってのんびり見守る事にしました。
5月6月どっちか参戦できるといいなー。

猫騙 : comments(3) : trackbacks(0) : posted by M
2007年総括
すみません、FINAL話のアップ、未だなまま年越してしまいそうな
なんとも引き際の悪い年の瀬を迎えております…。
そのうち下にこっそり載せておきますので、見つけたら読んでください。

えーと、たいして更新もせずここ半年は殆ど放置プレイなブログにも関わらず、
見てくださっている方に、感謝いたします。
今後も、半分冬眠状態なペースでの継続となると思いますが、
ひとおもいに散るより少しずつ消えていく…もとい、
当ブログはわたくし個人に於ける上杉シェルターですので、
密やかに運営はさせていこうかと思っとります。


2007年の幕開けは、
自分でもびっくりな上杉ブームのど真ん中で、
正月元旦早々から、入手したてのソロアルバムがんがん聴いてたことを
冬の冷たく晴れた空気を吸うたびに思い出すようになりました。

だからかしら、
最近ふと頭の中を「昼の月」とか流れてくるのは。

で、3月の猫騙初参戦。
いちばん気分が盛り上がってる最中でのこのライブが、
いちばん印象に残ってる気がする。
最初のインパクトっていうのかしら。
あのとき、曲名なんてまったく知らない状態だったはずだから不思議な感じなんだけど、
最近ライブで「NEVER SCREAM」聴く度に、どういうわけか3月のFABを思い出す。

子供の成長が早いよーに、
猫騙の成長も早い。
成長?変化?化学変化??
貴重な体験をさせていただいたなと思います。
なんていうかな、何度も言っているけど、
無名のバンドを見つけて、夢中になって追いかけて、
どんどんビッグになってく過程を間近で観る、っていうのを、
猫騙で追体験しているわけでしょう?

でも、猫は(少なくともわたしたちのなかでは、)無名のバンドではなくて、
上杉昇のバンドな訳で、
彼がWANDSだったころに、常に言ってた「本来ありたい姿」(それは変化する事を前提とした生き物としての音楽性であり、アーティスト像ではないかと、思うのだけど、これはあくまで今現在をふまえて、過去を振り返ってみての勝手な解釈に過ぎないんだけどね。)
それを、いまこうして目の当たりにしているのだから。

そんなこんなで、
2008年の猫がどう化けるのか、
楽しみに見守ろうと思う2007年の終わりでした。







戯言 : comments(2) : trackbacks(0) : posted by M
FINAL
楽しかったですよー。
思い出し防備録はまた後日改めて☆
猫騙 : comments(0) : trackbacks(0) : posted by M
のんびりしてる場合じゃないPART3
猫騙 大阪初陣は大盛り上がりだったご様子で、
レポ拝見してるうちに熱気が伝染してをります。
12月の新宿ファイナルも、この分じゃなんか凄そうだなー、と
ちょっと楽しみになってきました…。

CD2の感想まだ書いてないな。(サボり中)

会社のi-TUNE君(エンドレスシャッフル仕様)の近況としましては、
先日久しぶりに「I don't care」かけた直後に
「世界が終るまでは…」もってきやがった。
どういう判断基準なのかね。声質とか解析してるんだろうか。
ちなみに「smile in the 〜」がちっともかかりません。
あくまで仕事中のBGMなので、
しかも猫騙知ってる人なんてもちろんいないから、
流れるとひとり密かにドキドキするんだけどさ、(混入がバレやしないかと)
「I don't care」の異質さが異様に浮き立つんだもん(笑)。
ひとりだけめちゃパンクだし、なんか巻き舌っぽいし(笑)
戯言 : comments(5) : trackbacks(0) : posted by M
: 1/9 : >>