Bright Lights
about a rockstar who was a...

<< September 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- : - : - : posted by スポンサードリンク
2007年総括
すみません、FINAL話のアップ、未だなまま年越してしまいそうな
なんとも引き際の悪い年の瀬を迎えております…。
そのうち下にこっそり載せておきますので、見つけたら読んでください。

えーと、たいして更新もせずここ半年は殆ど放置プレイなブログにも関わらず、
見てくださっている方に、感謝いたします。
今後も、半分冬眠状態なペースでの継続となると思いますが、
ひとおもいに散るより少しずつ消えていく…もとい、
当ブログはわたくし個人に於ける上杉シェルターですので、
密やかに運営はさせていこうかと思っとります。


2007年の幕開けは、
自分でもびっくりな上杉ブームのど真ん中で、
正月元旦早々から、入手したてのソロアルバムがんがん聴いてたことを
冬の冷たく晴れた空気を吸うたびに思い出すようになりました。

だからかしら、
最近ふと頭の中を「昼の月」とか流れてくるのは。

で、3月の猫騙初参戦。
いちばん気分が盛り上がってる最中でのこのライブが、
いちばん印象に残ってる気がする。
最初のインパクトっていうのかしら。
あのとき、曲名なんてまったく知らない状態だったはずだから不思議な感じなんだけど、
最近ライブで「NEVER SCREAM」聴く度に、どういうわけか3月のFABを思い出す。

子供の成長が早いよーに、
猫騙の成長も早い。
成長?変化?化学変化??
貴重な体験をさせていただいたなと思います。
なんていうかな、何度も言っているけど、
無名のバンドを見つけて、夢中になって追いかけて、
どんどんビッグになってく過程を間近で観る、っていうのを、
猫騙で追体験しているわけでしょう?

でも、猫は(少なくともわたしたちのなかでは、)無名のバンドではなくて、
上杉昇のバンドな訳で、
彼がWANDSだったころに、常に言ってた「本来ありたい姿」(それは変化する事を前提とした生き物としての音楽性であり、アーティスト像ではないかと、思うのだけど、これはあくまで今現在をふまえて、過去を振り返ってみての勝手な解釈に過ぎないんだけどね。)
それを、いまこうして目の当たりにしているのだから。

そんなこんなで、
2008年の猫がどう化けるのか、
楽しみに見守ろうと思う2007年の終わりでした。







戯言 : comments(2) : trackbacks(0) : posted by M
スポンサーサイト
- : - : - : posted by スポンサードリンク
Comment








お疲れ様です!!
本当にMさんの文章ってスゴイ!説得力があるっていうか、読んでて引き込まれる感じがします。お仕事はライターさんですか?
とても楽しかったです。Mさんとお会いできたこと嬉しく思います。これからも猫騙かつ上杉昇をトコトン追いかけてやりましょう!!
来年も宜しくお願い致します☆
posted by risa : 2007/12/31 1:34 PM :
risaさま
いつもあたたかいお言葉有難うー。
もの書きを職業にはしていませんが、
職業にしたいと思ったことはあります(昇)←あっ…(笑)←ホントはこっち。
そうそう、ライヴの夢を見るとぜったいrisaちゃん登場するの(笑)
毎回ご出演有難う(笑)
来年も、risaファン頑張りたいと思います。
…あれ?(笑)何か違う…いやいや。
ステージの上からのパワーも凄いが、
ステージの下のパワーもね、大好きですよん。
posted by M : 2007/12/31 5:58 PM :
Trackback
この記事のトラックバックURL: http://brightlights.jugem.jp/trackback/59
<< NEW : TOP : OLD>>